館山市にお住まいの根管治療でお悩みの方へ

館山市の方へ

館山駅

下記のようなお悩みございませんか?

 

・「この歯はもう抜くしかない」と言われたが、自分の歯を残したい

・入れ歯やインプラントにしたくない

・根管治療をしたが痛みや腫れを繰り返している

・半年以上根管治療をし続けている

 

千葉県木更津市にある陽光台ファミリー歯科クリニックが館山市にお住まいの方々の大切な歯を残す根管治療を提供します。

館山市から根管治療を受けに多くの患者さんが来院されています。ぜひ一度当院へご相談ください。

根管治療とは?

虫歯の進行と根管治療

歯の中には歯髄(しずい)という神経や血管のある組織があります。この歯髄まで虫歯が進行してしまい、神経が感染したり壊死してしまった場合に行うのが根管治療です。歯をぶつけたなどの外傷によって神経が壊死してしまうこともあり、その場合にも根管治療が必要となります。

 

根管治療は「抜髄」と「感染根管治療」の2種類の治療に分けられます。

抜髄とは、初めて根管治療を行う際の処置で、感染したり壊死してしまった神経を取り除きます。

感染根管治療は、一度根管治療をしたにも関わらず痛みや腫れなどの症状出てしまった際に再度行う根管治療です。

 

根管治療をしたのに症状が消えないのはなぜ?

「根管治療をしたのに痛みや腫れが引かない」「前に根管治療をした歯が痛くなってきた」という患者さんが当院へ多く来院されます。

根管治療をしたにも関わらず症状が出るのは「感染源(細菌)を取り除けていない」ことが原因です。根管治療で大切なことは「根管(歯の根っこ)の中にいる細菌をできるだけ取り除く」「根管内に新たに細菌を入れない」ことですが、髪の毛よりも細い根管ではこれはとても難しいのです。

細かく枝分かれした根管

一般的な根管治療の成功率は50%以下

一般的な根管治療は肉眼もしくはルーペ(拡大鏡)を使って治療をします。根管は細い上にいくつも枝分かれしていますが、この根管一つ一つを確認しながらすべての管の細菌を取り除くのは肉眼やルーペではほぼ不可能です。また、耳かき1杯分の唾液の中に多い方で約1億匹の細菌がいると言われています。根管治療で根管内の細菌を取り除いていても唾液と一緒に細菌が根管内に少しでも入ってしまうと、感染源は一向に取り除くことはできません。これらのことから一般的な根管治療の成功率は半分以下というのが、東京医科歯科大学の須田教授と厚生労働省から報告されています。

根管治療の成功率は50%以下

根管治療は2〜3回が限界

根管治療は何度も繰り返しできる治療ではなく、2〜3回が限界と言われています。治療を重ねるごとに歯が薄くなってしまうため、歯が割れるリスクが高まります。そのため根管治療をしても治らないという場合は「歯を抜く」をいう選択をせざるを得なくなってしまうのです。

千葉県木更津市の陽光台ファミリー歯科クリニックは館山市の方々の大切な歯を守る成功率の高い根管治療を提供いたします。

根管治療を成功させるために

マイクロスコープで見える精密根管治療

マイクロスコープ

マイクロスコープは高倍率で拡大できる歯科用顕微鏡です。問題部位を確認しながらの治療が成功の成否を分ける根管治療において、勘や経験に頼った一般的な根管治療に比べて、マイクロスコープは高倍率で問題部位を確認しながら治療ができるため成功率は高まります。

 

下の写真は、肉眼とマイクロスコープでの見え方の違いを表したものですが、どちらがより精度の良い治療ができるかは一目瞭然です。

肉眼とマイクロスコープの見え方の違い

ラバーダムで根管内への細菌の侵入を防ぐ

ラバーダム

根管治療中の根管内への細菌の侵入を防ぐのがラバーダムです。歯にゴムのシートをかけて無菌状態で治療をすることで、再治療のリスクを防ぎます。他にも治療器具の誤嚥防止や根管内を綺麗にする洗浄液がお口の中に漏れるのを防いでくれます。日本では5%ほどの歯医者でしか使われていないラバーダムですが、アメリカの根管治療専門の歯医者では90%が使用しています。ラバーダムは根管治療の成功に欠かせません。

CTでの正確な診査診断

CTはマイクロスコープのように、治療部位を「見る」機器です。2次元のレントゲンに比べて、CTは3次元でさまざまな方向から問題部位の確認ができます。レントゲンではわからないような微細な問題もCTを用いることで発見することができ、正確な診査診断が可能となります。

下のレントゲンとCTは同じ部位を撮影したものです。レントゲンでは問題がないように見えますが、CTでは根の先の骨がなくなっているのがわかります。

レントゲンとCT

確かな技術で難症例にも対応

根管治療の再治療では、以前治療した時の治療器具が折れて根管内に残っていたり、歯に穴を空けてしまったりといった医原性の問題や根管内に残っていた感染源が根管の外に出てしまっていることなどが同時に起こっていることが多く、初めて根管治療をする時に比べて成功率は下がります。

根管治療をして治らなければ抜歯の選択が一般的ですが、当院では外科的歯内療法(歯根端切除・意図的再植法)などによりできる限り歯を残すようにしています。

また、治療器具の除去(破折ファイル除去)や穴が空いている歯の修復(パーフォレーションリペア)等も行なっています。

意図的再植法

根管治療の治療時間と回数・成功率の違い

一般的な根管治療と歯を残す根管治療の違い

当院では、自費診療で歯を残す根管治療を提供しています。

館山市から来院された患者さんの症例

初めての根管治療(抜髄)

来院のきっかけ

「左上の歯ぐきにできものができ、1ヶ月前から歯に違和感がある」とのことで来院されました。以前、他の歯で根管治療をしても痛みがなくならなかったため抜歯になってしまったそうで、今回は自分の歯を残したいということで館山市から当院へ来られました。

術前
館山の患者さん 術前
根管充填後
館山の患者さん 根管充填後
術後1年3ヶ月
館山の患者さん 術後1年3ヶ月
治療内容

抜髄

治療回数

1回

治療費

15万円(税別) ※費用は患者さんのお口の状態によって変わります。

治療によるリスク

・治療中の歯で硬い物噛むと歯が割れるリスクがある

・根の先を触るので痛みが数日間続くことがある

・根の先の膿の袋が再発する可能性がある

・根管治療で治らなかった場合には外科的歯内療法や抜歯に至る可能性がある

治療の説明

歯ぐきのできものはサイナストラクトといって、根っこの先に溜まった膿の出口です。サイナストラクトができている場合、根管治療が必要となります。

今回はバイオセラミックというお薬を使って根管充填を行いました。一部根っこの先からお薬が漏れている部分(矢印部分)もありますが、術後1年3ヶ月後のレントゲンでは吸収されています。

歯根端切除(外科的歯内療法)

来院のきっかけ

数年前に根管治療をした左上の歯に腫れや痛みが出て館山市や鴨川市の歯科医院を数件受診されたそうですが、抜歯と言われてしまい、歯を残したいという想いから当院のホームページを見て館山市から来院されました。

歯根端切除後
館山の患者さん 歯根端切除後
切除した歯の根の先端
館山の患者さん 切除した根の先
術後6ヶ月
館山の患者さん 術後半年
治療内容

歯根端切除

治療回数

1回

治療費

13万円(税別) ※費用は患者さんのお口の状態によって変わります。

治療のリスク

・治療中の歯で硬いものを食べると歯が割れる可能性がある

・腫れや痛みが出たり、傷口が治る過程で内出血が起こることがある

・刺激のある食べ物が傷口にしみることがある

・根の先の膿の袋が再発する可能性がある

・抜歯の可能性がある

治療の説明

根管内の細菌が根管外に外に出てしまっていたため、外科的に感染源を取り除く歯根端切除を行いました。歯根端切除後のレントゲンでは根の先に膿の袋ができて骨が溶かされている(矢印部分)のがわかりますが、術後6ヶ月のレントゲンでは膿の袋がなくなり骨が再生し、治癒が確認できます。

館山市で根管治療なら陽光台ファミリー歯科クリニック

住所

〒292-0826 千葉県木更津市畑沢南5-22-27

TEL:0438-38-4854

陽光台ファミリー歯科クリニック
診療時間・休診日

●診療日

月/水/金 9:30〜13:00 14:30〜19:00

火/土 9:30〜13:00 14:30〜18:00

 

●休診日

木・日・祝日

館山市からのアクセス

館山市より富津館山道路/東関東自動車道館山線

君津IC出口を国道127号/君津・鴨川方面に向かって進む

→君津IC入口交差点を

→幸楽苑(君津店)のある信号を

→とんでん(君津店)のある信号を

→2kmほど進み陸橋の近くの信号(谷川クリニックの近く)を

→1つ目の信号をに曲がると当院

陽光台ファミリー歯科クリニック
駐車場

クリニック前に6台完備しています。

クリニック前の駐車場が満車の場合は、第2駐車場をご利用ください。

第2駐車場へのアクセス

院長紹介

陽光台ファミリー歯科クリニック院長

渡辺 泰平

資格

所属学会・スタディグループ

  • PERF-JAPAN(根管治療)
  • 日本歯内療法学会 会員
  • 日本顕微鏡歯科学会 会員
  • 日本小児歯科学会 会員
  • 明海大学歯学部小児歯科講座
  • 皆川アカデミークラブ会員(インプラント)

陽光台ファミリー歯科クリニックでは、根管治療を受けに館山市から多くの患者さんに来院いただいております。

ご自分の歯を1本でも多く残したいという館山市の方はぜひ一度当院へご相談ください。

PAGE TOP